第2回「新世界プロジェクト、始動です」

モニターがいっぱいあって、なんかカッコいいけど、同時に見れるのは1画面だけ。 ところどころモザイクがかかっているのは決してエロい画像を表示しているからではない。

モニターがいっぱいあって、なんかカッコいいけど、同時に見れるのは1画面だけ。
ところどころモザイクがかかっているのは決してエロい画像を表示しているからではない。

 

皆さんこんにちは。レッドの森田です。

ひっそりと水面下でスタートしたゲーム開発記ブログ、第二回目をお送りします。

 

「ゲーム開発記ブログ」と言うくらいだから、もちろんゲームを作るのですが「じゃあ何を作ろうか?」ということで色々と考えた結果、僕が選んだゲームジャンル。

 

それは……

 

「アドベンチャーゲーム」です!

 

あれ? 普通?

 

なぜ今、アドベンチャーなの? と言われると、もちろん自分の趣味もありますが、巷にソーシャルゲームがあふれかえっている今だからこそ、ガッツリとお話があって、そして何よりエンディングがあるものが作りたい! と常々思っていた訳でして……

 

ゲームである以上、エンディングがあるっていうのは、やはり大事なことだと思うのです。

物語のためのキャラクター。

キャラクターのための物語。

当たり前だけど、その2つがしっかり結び合っている物。

それを表現するにはアドベンチャーゲームというゲームジャンルはとても効果的だと思うのです。

(それに、RPGとかお金も時間もケタ違いにかかりますからね……)

 

しかもどうせ作るなら「ゲーム機」用のゲーム!

「ゲームはやっぱりゲーム機で!」

というのは古いオジサンの考え方かもしれないけど、ゲーム機ってやっぱすごいですよね。

ゲームをするための機械ですから。ゲームもできる機械とは一味違う。

 

手に持った時に「よっしゃ、これからゲームするぞ!」って覚悟をこちらに要求されますから、片手間なんかじゃできないし、ましてや電車の中で携帯ゲーム機を取り出した時の「俺はお前らと一味違うんだぜ」っていう優越感は、スマホじゃ味わえないカタルシス!

 

それともう1つ。

今回のプロジェクトの目標は「ある程度、自分で全体を見渡せる規模感」です。

シナリオにしても、世界観にしても、キャラクターにしても、ゲーム性にしても、UIデザインにしても、サウンドにしても、まずは自分が「良いな」と思えるものを作る。

そして、作ってもらう。

 

これって当たり前のようでいて、実は普段の僕の仕事(企画屋)とは結構、真逆なことだったりするのです。

企画屋っていうのは、究極のサービス業なので。

サービス業である以上、自分を殺してでも、ゲームを遊ぶユーザーさんだったり、お金を出してくれるクライアントさんだったり、一緒にパートナーを組むメーカーさんだったり、あるいはチームをまとめるプロデューサーだったりと様々な人の思惑や求められているモノを提供して、全ての人がハッピーになれるように企画を落とし込むのが企画屋の仕事だと思っています。

 

でも今回は、それ、考えない、僕!

自分が面白いと思うものを信じて突き進んじゃう!

20年以上、企画という仕事をやってきて、たぶん初めてのワガママプロジェクト!

企画屋のブログとしてはいきなりお手本にならない宣言だったりしますが、ま、いっか。

 

ちなみに今回のプロジェクトはこっそりと「新世界プロジェクト」と名付けています。

勝手に名付けているだけなので、多分レッドの誰も知らないと思うけど、ここで勝手に発表です。

何の意味もないけど、こういうどうでも良い名称とか付けるとなんかテンション上がるのでオススメです。

 

さて、肝心の内容はですが……

うーん、それは次回までに考えておくということで。

 

それではまた来週お会いしましょう!

 

新世界プロジェクトの準備資料。 なんか、資料を机にぶちまけた感じがいかにもメイキングっぽいけど、ほとんど何も決まっていないハッタリという……どうしよう。

新世界プロジェクトの準備資料。
なんか、資料を机にぶちまけた感じがいかにもメイキングっぽいけど、ほとんど何も決まっていないハッタリという……どうしよう。

 

第1回「企画屋ブログ始めました」

「ゲームを作りたいです!」

 

と言ったらブログを書くことになりました。
うーん、世の中って何が起こるか分からないなぁ。

 

ということで、みなさん初めまして。
レッドの森田です。職業は企画屋です。

 

この度、突然ブログというものを書くことになって、かなりテンパっております。
何せ、ネット上に何か書き込んだことなんて生まれてこの方、皆無と言っていいネットヴァージンの僕ですから。
TwitterやFacebookなんてもちろん使ったことないし(存在は知っている!)、メールやLINEですら、いまだに緊張してしまう旧型人間なのです。
そもそもが人目につかずひっそりと生きていたい性質の僕ですから、ブログというなんとも解放的な響きにはもうそれだけでガクブルな訳でして……

 

だって、ブログってコミュニケーション能力が高くて面白い人がやるものでしょ?
あるいはリアルが充実しまくって、その迸るパトスをどう処理していいか分からない人のためのツールでしょ?
コミュニケーション能力もパトスもスッカラカンな僕ですよ。
そうじゃないにしたって、そこそこの著名人がやるものってイメージが強いわけです。ブログって。
レッドの森田ですって言ったところで、あぁ!って思うの僕の両親くらいだろうし。
それにブログといえば炎上するのがお約束、みたいなところもあるし。
怖いなー怖いなーと言っていたら、レッドのスタッフに「どうせお前のブログなんて、そんなたくさんの人は見ないよ」とありがたいお言葉いただいて「おお、確かにな!」と思ったりした訳です。
それだったら僕でもなんとかなるかも!

 

とは言っても、何のテーマも目的もなしにブログを書くってわけにもいかないですからね。
「今日はこんなランチしちゃいました~☆」みたいな、それ誰得? って内容をこんなオジサンが書いてもしょうがないし……
会社からは「レッドの企画屋として、レッドのことを世間にアピールするのだ!」という、どう考えてもミスキャストでしょう、というオーダーだし……
「企画屋なんだから、面白い企画の作り方とかブログに書いたら?」とか言われたんですが、面白い企画の作り方とかあるんだったら僕が知りたいです(マジで)。
あるいはそんなのあっても誰にも教えませんって(マジで)。

 

じゃあ、何を書こうかなぁ……とウンウンした結果、冒頭の「ゲームを作りたい」という発言に戻ってくるのですが、だったらいっそのことゲームを作る過程ってやつをそのまま書いていっちゃおうかな、と思った次第です。

 

つまり「ゲーム開発記」ですね。
おお、なんかすごそう。でも、なんか一気にハードル上がった気もする。

 

これから作る(はずの)ゲームの開発過程を、ある程度オープンにリアルタイムに書いていっちゃおうっていう、多分これ、後々で自分の首締めるような気がしなくもないのですが……
でも考えようによっては、ブログという形で白日の下に晒してしまえば、ある意味、既成事実になっちゃうので、プロジェクトがうやむやのうちに立ち消えにならなくていいかもしれないし(企画という仕事をしていると、そういう事も往々にしてあるのです!)。

 

あと、レッド社内の人に、森田が何やっているか分かってもらえるし。
というのも、どうやら僕(というか僕の部署である企画室)って、何やってるか分からない謎の存在らしいので。
それはそれで、社会人(会社員?)としてどうなんだろうとは思うんですけどね。
つまり、これは一石二鳥かもしれないな、と。

 

企画の立ち上げから始まって、それを実際に作っていく過程を公開するなんて、なかなかできないですからね。
普通は、いろいろと大人の事情があったり、プロモーションの計画とかそういうの考えますから(たぶん)。
でも、今回はそもそも企画の立ち上げからなので、そういう難しいのは一切なしです。
だって、何を作るか、まだ決まってないですから!

 

ということで、これから一緒にお仕事するかもしれない「まだ会ってもいない皆さん」も是非ともよろしくお願いします!
ホント、今日の段階ではこの先どうなって行くのかまるで未知数ですからね。先は長いのであります。
これで何も完成しなかったら超カッコ悪いですけど……
まぁ、その時はその時、ということで。

 

それではまた来週お会いしましょう!

 

 

これが企画屋の七つ道具だ!  ①iPad mini (企画を考えるならこれで十分)  ②コーラ(ZEROに限る)  ③お風呂セット (身だしなみは大事です!)  ④歯ブラシ(虫歯は企画屋の敵です)  ⑤食料(食べないと死んじゃうし)  ⑥毛布(他人の物を私物化)  ⑦ティッシュ(いろいろと必要) これだけ用意すれば、 誰でも企画屋になれる!

これが企画屋の七つ道具だ!
①iPad mini
(企画を考えるならこれで十分)
②コーラ(ZEROに限る)
③お風呂セット
(身だしなみは大事です!)
④歯ブラシ(虫歯は企画屋の敵です)
⑤食料(食べないと死んじゃうし)
⑥毛布(他人の物を私物化)
⑦ティッシュ(いろいろと必要)
これだけ用意すれば、
誰でも企画屋になれる!