第15回「まだ慌てる時間じゃないハズ……」

やっぱりこうなったか!

という事で、現在ボトルネック化が進行中の森田です。

うーん、いろいろと滞っております。

ヤバい。

 

背景の発注とか、シナリオのチェックとか、プロモーションの準備とか、スクリプト入力とか、色々と首が締まってきております。

ヤバい。

 

「シャチョー、年内には冒頭部分がプレイできますよ、はっはっは」

とか言っちゃたしなぁ。

ヤバい。

 

今回、僕はディレクター(なのかな? そういえば決めてなかった!?)的なポジションなので、どうしても発注だ、チェックだ、となんだかんだと物事が集中する役割なのですが、一番の問題、それは……

 

「人に作業が振れない」

 

なのですよね。

これ、きっとボトルネック化する人に共通の特徴だと思うのですけど……

 

「だって、ついつい作業を抱えちゃうの」

 

って、可愛く言ってもダメなのですけど。

つまりそういう事です。

 

でもね、決して人に作業が振れないわけじゃないのです。

キャラクターデザインとか、シナリオとか、背景とか、サウンドとか、そういうパートは他の人にお願いしているわけですから。

ただ、それらの準備部分(企画パート)っていうのが、なかなか他の人に振りにくい。

 

企画部分、いわゆる「ゼロイチ」部分ですね。

ゼロイチっていうくらいですから、もともと形のない部分を作るわけでして。

 

「形のない物をどうやって他の人に振れっていうんじゃい!?」

 

という事で、他の人にお願いするための準備をしていると。

 

「あれ? このまま作業したら完成しちゃうじゃん!」

 

となってしまって、結局は作業が溜まっていくという。

 

うーん。

原因も分かっているのに、どうしていつもこうなるのだろう……

 

「もしかして、他の人を信用していないの?」

 

って思うかもしれないですが、違うのです。

 

「信用していないのは、自分自身なのです!」

 

だから、他の人にお願いするにしても、まず「これなら大丈夫」ってところまで準備してしまうという結果になり……

 

「あれ? このまま作業したら完成しちゃうじゃん!」

 

というループが発生するエンドレスモードに突入!

 

そう考えると、他の人に作業を振れる人って、自分に自信があるんだなぁ。

すごいなー、と思います。

 

という事で、ディレクターを目指す方は、ぜひ自分に自信を持ちましょう!

 

と、企画屋ブログっぽくまとめたものの、今回は完全に言い訳回でした!

開発は、それでも順調に進行中。

なに、まだ時間はあるさ……

 

ボトルネックマン、登場!! って遊んでいるうちはまだ大丈夫。 今にこの余裕もなくなるさ……

ボトルネックマン、登場!!
って遊んでいるうちはまだ大丈夫。
今にこの余裕もなくなるさ……