第53回「早瀬アサノの頭に何か刺さっている」

そういえば、オレオワもついにCEROの審査が終わり、レーティングが決定しました。

ゲームのパッケージとかに記されている「A」とか「Z」とかのアレですね。

 

これに関しては、チーム内の大方の予想通り、レーティングは「C」!

つまり「15歳以上対象」です。

まぁ、そんなもんですね。

 

オレオワは、そんなに過度なセクシー描写や、暴力シーンがあるわけではない

実に健全な内容になっていますので(一部、触手を除く)、

皆さん安心してプレイすることができる内容になっております。

 

もし15歳未満で、オレオワに興味を持ってくれた

将来有望な方がいましたら、15歳の誕生日までに、

お小遣いを溜めておいてもらえると嬉しいです!!

 

で、CEROの審査でレーティングが「C」に決定した理由の中に、

「虐待」という記述があったのですが……

はて? そんな虐待シーンなんてあったっけな? と思ったら、

きっとアレですね、アサノさんのパンチですね。

 

良く、イルカさんや、尾張さんや、そして主人公の零時くんが

アサノさんにパンチを食らうのですが。

たぶん、これが原因じゃないかと……

セクシーなシーンではあまり活躍しない貧乳のアサノさんも、

ちゃんと、オレオワのレーティングの底上げ(?)に貢献していた模様です。

 

ジャッジメント7のよくある風景。 決して虐待ではない。じゃれているだけです!

ジャッジメント7のよくある風景。
決して虐待ではない。じゃれているだけです!

 

で、そんなアサノさんの初期設定コーナーです。

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

【早瀬アサノ】

アルバイトである早瀬ユウノの実の姉。

ジャッジメント7のサウンドデザイナーとして、BGM作曲、SEなどを作成する。

作曲家なのに壊滅的に音痴(だが本人はその事実に気づいていない)。

 

顔は美人(キレイ系)だが、悲しいくらいの貧乳。

性格は、がさつ。そこつ。ぶこつ。

七罪には「美味しい所を全部妹に持って行かれた残念な姉」と称されている。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

これは、最終的にそのままですね。

企画当初からまったくブレていないアサノさん。

さすがです。

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

【早瀬アサノ】

普段はショートパンツ、ノースリーブのブラウス。

かなりラフな格好で、ある意味露出度的にもきわどいはずだが、

何故かまるで色気を感じさせない。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

このへんもブレ無し。

安定のアサノさんクオリティ。

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

【早瀬アサノ】

あまり手入れのされていないような、少しボサボサのセミロングヘア。

やや赤毛。

髪は邪魔なので後頭部で適当にまとめて、かんざしでアップヘアにしている。

ただし、オシャレなかんざしを持っている訳もないので、鉛筆、ボールペン、

割りばし、歯ブラシなど、その辺にある物をかんざしとして代用する。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

あ。

アサノさんの残念さを、さらにビジュアル面で表現しようとした痕跡発見!

 

なんだかんだと言っても、ジャッジメント7の中では一番のお姉さんポジション。

僕的な大人の女性の色気ポイントとして、職場などで髪の毛を無造作にアップにして

ボールペンとかをかんざし代わりに固定する、という物にあこがれがありまして、

それをアサノさんが取り入れてみたら、割りばしや歯ブラシになったという……

なんとも残念な設定です!

 

この設定、最終的には没にしたのですけどね。

(だって、シリアスなシーンで頭に歯ブラシ刺さってたら、

残念を通り越して、残酷ですから……)

 

実は、初期キャラデザや、初期のイベントCGのラフでは、

アサノさんの頭に歯ブラシが……

 

あ、アサノさんの頭からにょきにょき生えている物体。 残念というか、だらしないというか。 まぁ、虫歯にはならなそうですけどね。

あ、アサノさんの頭からにょきにょき生えている物体。
残念というか、だらしないというか。
まぁ、虫歯にはならなそうですけどね。

 

まぁ、頭に歯ブラシが刺さっていても、刺さってなくても、

アサノさんの残念さは随所で感じることができると思いますので、

本編でのアサノさんの残念な活躍にご期待ください!!

 

ちなみに現在のアサノさんはこちらでご確認を!