第39回「印刷中……」

ついに台本の印刷が始まりました。

実は、森田のチェックが、まだ全部終わってないのですが、

出来たところから印刷開始です。

 

この台本の印刷っていうのも結構時間がかかるので、

なかなか馬鹿にできない作業です。

コピー機がフル稼働中。

スタッフが交代で対応してくれています。

 

そして、生み出されるコピー用紙の山。

 

「やっぱり台本はきちんと製本して、

本の形になっていなくっちゃ台本じゃないぜ」

 

と思っていた時期が僕にもありました。はい。

 

でも、テキスト量的にも、スケジュール的にも、

今回は早々にあきらめました。

だって、無理!

 

これ、普通の台本の形に製本したら、

何十冊になるか分かったもんじゃありません。

フルボイス、舐めてたわ。

 

でも、このゲームの台本というのも、

これからはデジタルデータに移行していくのかなぁ。

と、生み出されていく紙の山を見ながら感慨深く思います。

 

一部の声優さんは、タブレットに台本を表示させて

アフレコをしていると言いますし、うん、それはそれで便利かも。

ペーパーノイズも入らないし、あと、エコだし、かさばらないしね。

 

という事で、次々と印刷されている台本を横目に、

森田の最終チェックも続くのでした。

さすがに、ダラダラと駄文を書いている余裕が、今は無い!

 

オフィスの一角が台本印刷工場と化す。 最終的にはこの箱がいっぱいになりそうな予感……

オフィスの一角が台本印刷工場と化す。
最終的にはこの箱がいっぱいになりそうな予感……