第36回「左右から突っ込まれる」

4月になって何が変わったかというと、レッド社内も春らしく席替えがありました。

ま、会社なのでレイアウト変更っていうのかもしれないですけど。

でも「席替え」っていうと、なんかときめくものがありますね。

気になるあの子と隣になれるかしら? みたいな。

ま、会社なのでそんなこともないのですけど……

 

今回の席替えによって、今まで左隣にいた相方が右側に移動しました。

お、これはまさしく右腕じゃんと、本人の意思も関係なくほくそ笑んだりして……

 

そして、左側には4月から正式入社してチームに加わった新人くん。

斜め向かいに同じく新人ちゃんがいます。

 

そんな陣形でプロジェクトは進行中なのですが、僕の左右の2人(相方と新人くん)は

なかなか真面目な性格でして、僕のフワッとしたシナリオに的確なツッコミを入れてくれます。

(いや、新人ちゃんの方も真面目ですよ!)

 

例えば。

「ここの展開ですけど、わざわざこんなことしなくても、こうしたら解決じゃないですか?」

というツッコミを受けて。

 

「フフフ。そんなことは初めから分かっていたさ。俺はお前たちを試していたのだ!」

 

などと大人気ない言い訳をしたりしません。

「な、なに!? た、確かに! てか、超シンプルな解決法!」

と素直に唸らされたり(まぁ、僕が雑なだけなのですけどね)。

 

「でも、わざわざこんなことがしたいんだい!」

 

と開き直って、わざわざこんなことをしなければいけない理由を考えたり。

そもそも大事なのは(書きたいのは)その「わざわざ」な部分だったりしますからね。

ただ、その説明が足りてないのが僕の甘いところ。

 

あるいは。

「こういう展開になるのはいいですけど、その理屈はなんですか?」

というツッコミに対して。

「そこは想いの力ということで……」

「却下ですね」

「で、ですよね。プロット作りましょうか?」

「いえ、他の部分が遅れそうなので、口頭でいいです」

(ほんの一時間前のやりとり)

 

という感じで、僕が不甲斐ないぶんしっかりフォローしてもらっているわけです。

やっぱ、下が育つには、上が少しくらい迂闊者の方がいいかもしれないですね。

そういう意味ではなかなかいいバランスのチーム編成なのではないか!

いや、僕がもっとしっかりしろよ、という話なんですけど。

うん。頑張ります。

 

そんな感じで、日々、突っ込まれたり、お尻を叩かれながら老体にムチ打っているわけです。

今月中に台本、完成するかな。

いや、させるんですけどね!

 

会社から出なくてもお弁当が手に入る夢のような生活。 このお弁当が200円とか! 家族にバレたらお小遣い減らされちゃう……

会社から出なくてもお弁当が手に入る夢のような生活。
このお弁当が200円とか! 家族にバレたらお小遣い減らされちゃう……