第34回「僕はディレクターには向いてない」

なんかラノベみたいなタイトルですが、僕がいつも考えている事です。

 

その事を最近とても強く感じるのは、今やっているプロジェクトがゲーム開発会社を舞台にしているかもしれませんが。

あるいは相方から「森田さんは他人を信用していないのですか?」と言われたからかもしれませんが。

他人を信用していない訳じゃないと思うんですが、なんでも自分でやらないと気が済まないということは、つまりそういうことなのかなぁ。

と思ったり、思わなかったり。

 

名刺にもディレクターと書いていないあたりが、自分の立ち位置を現してます。 15年くらい使い続けているこの肩書に、ディレクターも含まれるのですけどね。

名刺にもディレクターと書いていないあたりが、自分の立ち位置を現してます。
15年くらい使い続けているこの肩書に、ディレクターも含まれるのですけどね。

 

前にもこのブログで書きましたが、人に仕事を振れないというのは相変わらずですね。

まぁ、作業を振れるほどチームに人がいないというのも正直な話なのですが、

それでも作業を必要以上に抱えてしまうのは完全に僕の悪癖です。

最近、その度合いがさらに強まっているのは自覚しているし……

 

「何でも自分でできるのは良いですけど、それでスケジュールが遅れたらダメでしょう?」

 

と、ひと回り以上も年下の相方から諭されて、これではどっちが先輩か分からんな。

うん、まぁその通りなので、そう言ってくれる相方のことはかなり信用しているんですけど。

いや、マジでね。

 

ゲームに関わらずですが、ディレクターっていうのはその名の通り、ディレクションする人であって、

何でもかんでも手を動かす人じゃないハズですからね。

ディレクションってことは、他のメンバーに方向性を指し示すことですからね。

 

その方向性の「完成形」を作る為の作業をしてしまって、

 

「これがその方向性でした」って答えを作っちゃダメですよね。

いや、ダメってことはないのかもしれないけど、それじゃ時間がいくらあっても足りません。

 

うーん。それは分かっているんだけどなぁ。

それでもやらずにいられないというのは、こりゃ僕の本質の問題だな、と考えずにはいられません。

 

とはいえ、今回は自分のスタイルでやり抜くと決めているので、その部分はブレてはいないのです。

うん、ブレちゃダメ。

それが正しいのか、正しくないのか、最後までやり通せるのか、そして成功するのか、

それも含めて立ち上げた新世界プロジェクトですからね。

 

そして、それに乗っかってくれた人たちがいるわけですから。

向いてなくても、下手くそでも、隙だらけでも、今回の僕はディレクターを演じなくてはならない訳です。

 

「ディレクターがディレクションすべきはメンバーの気持ちであって、ゲームの内容ではない」

 

というセリフをゲーム中のキャラが言うのですが、うん、それって一理あるよね。

と、自分で書いたセリフに考えさせられたりするダメな僕ですが。

それでも自分なりのディレクターとしてのスタイルってやつを

模索していこうと思っています(今更!?)。

 

だって、もうすぐ4月。

今までインターンとしてお手伝いに来ていた学生2人も正式に入社して、

このチームに本格的に合流することになりますから。

さて、これからが本番です。

 

最近、家族から届くメールの書き出しが「いつか帰ってくるときには~~」になりました。 そして、たまに帰ると食料を持たされます。ありがたい。

最近、家族から届くメールの書き出しが「いつか帰ってくるときには~~」になりました。
そして、たまに帰ると食料を持たされます。ありがたい。