第28回「そろそろ本気を出す時間だ」

いや、さっさと本気を出せよ、って感じですが、もうそんな時間です。

 

今年もあっという間に1ヶ月半が経過して、2月も半ば。

バレンタインデーも何事もなく終わった今、ゲームを作るぐらいしか僕には無い!

もう、それしかないの(たぶん、去年も同じことを考えたと思うけど)。

 

っていうか、何が悲しくてバレンタインの夜に、ラブシーンのテキストを書いているんだろうね、僕。

スタッフがまとめてくれたイベントCGの発注資料に、主人公とヒロインがイチャイチャしているセリフを加筆しながら「ああ、俺も主人公みたいになりてーな」と切に思ったりして……

 

ま、現実にそんなことが起こらないからゲームを作っているんですけど。

 

そもそもゲーム業界にいる男って、モテないですからね。

だから、その反動を作っているゲームにぶつけるというのはある意味で健全!

しかもそれで誰かが楽しんでくれれば、世界はハッピーじゃないですか!

 

ということで、そろそろ本気を出さねば、と思う訳なのです。

年内にゲームとしてリリースって考えると、おぉ……時間が無いし。

予算も無いですけど、時間が無いっていうのは結構厳しい(もともとあったはずなのに)。

 

「時間は金でなんとかなる」

 

これ、よく聞くセリフですけど、それってお金がある場合ですからねぇ。

 

要するに、お金で人を増やせば、時間が短縮できる。という理屈なので。

それも、作業が細分化、分業化されていて、それなりの規模と体制がしっかり確立している場合だと思うので……

 

でも、なんかこれってプロデューサー目線の言葉ですね。

ディレクター目線で言うと、

 

「金はいいから時間くれ」

 

という感じですかね(どっちもくれるのがベスト)。

 

特に、今回のプロジェクトの様に小規模で、ひとりひとりの守備範囲が広い場合って、単純にお金をかけて人数を増やせばいいって話でもないので。

結局、アウトプットが間に合わず、パンクしちゃいますから……

 

と公の場で泣き言を言っていても仕方ないので本気を出します。

(今まで出してなかった訳じゃないけど……)

 

というところで、現状でやばそうなのが以下の2点。

 

①セリフ周り

これが決まらないとアフレコできない。

そして収録する時期はだいたい決まっている!

 

②画像などの発注周り

とにかく発注しないと他の人が作業できない。

 

この場合、どちらを優先するかというと、他の人(主に外部の人)が作業する②になるのですが、かといって、①の方もプロットや加筆のプランを出さないと、阿智くんや相棒が作業できないので放置はできない。

 

つまり、より甘えられる方がちょっとだけ後回しになる!

ほんのちょっとだけ、ね。

よし、やろう!

 

バレンタインデーのディナータイム。 今年は1人じゃない! っていうか、こんな事をしてないで仕事をしろって話ですが。 ※このキャラはこんなことを言いません。

バレンタインデーのディナータイム。
今年は1人じゃない!
っていうか、こんな事をしてないで仕事をしろって話ですが。
※このキャラはこんなことを言いません。