第26回「夜の浅草を往く」

背景の発注が大詰めを迎え、最後に残ったのが銭湯。

ジャッジメント7のメンバーが普段使う銭湯です。

銭湯に行くのが当たり前という基本設定が、なかなかにブラックな職場環境な気もするけど。

でも、まぁ、フィクションですから。

というか、メインキャラクター7人のうち3人が事務所に住んでいますからね。

そりゃ銭湯にも行きます(物語の舞台は夏だし)。

 

銭湯大好き(というか生活の一部)な僕としては、背景の資料作成にも気合が入るというもの。

今回モデルとなるのは「曙湯」さん。

実名使用の許可は頂いているのですが、銭湯という場所の性質上、営業中の店内の写真を撮るわけにはいかないので……

こりゃ風呂に浸かりに行くしかないなと、つくばエクスプレスで浅草へGOです!

 

愛用のお風呂カゴをぶら下げて、夜の浅草に到着!

観光客でまだ賑わっている六区から、ひさご通りを抜けて曙湯さんを目指します。

昼間には来ているけど、夜に来るのは今回が初めて。

 

だが、しかし! 今夜はめちゃくちゃ寒い!

しかも今回はいつもの取材の相棒がいないので、夜風が独り身に染みます。

っていうか、寒すぎだろ?

銭湯には靴を履いていかないという謎のポリシーに縛られて、裸足にサンダル履きで来たことを若干後悔しています。

 

この辺りは昔のレッドがあったエリアなので、何度か曙湯さんにも来ているはずなんですけど……

さすがに20年以上も前のことなので、記憶は皆無だなぁ。

 

これが夜の曙湯さん。数年前にリノベーションされて綺麗ですがレトロな外観で雰囲気あります。 この姿に惚れ込んで、今回、ご協力をお願いしました。

これが夜の曙湯さん。数年前にリノベーションされて綺麗ですがレトロな外観で雰囲気あります。
この姿に惚れ込んで、今回、ご協力をお願いしました。

 

 

曙湯さんに入ると、早速、スケッチ開始!

まずはお仕事タイムです。

写真が撮れないから紙にメモです。

他のお客さんからしてみたら、謎の銭湯マニアのような怪しい行動ですよね。

かなりの不審者だったかもしれません。

少なくとも、ゲームを作っているとは思われないだろうなぁ。

 

ネットで手に入る情報から、事前に内部構造を推測はしていたのですが、やっぱり実際に来てみると全然違いますね。

うん、やはり百聞は一見にしかず。

出不精な僕ですが、来てみて良かった(寒かったけど)。

 

とりあえずメモるが、コソコソしてるから汚い。 このメモと記憶を頼りに、3Dソフトでレイアウト作成する予定なのだが…… だ、大丈夫かな。自分のメモも記憶もあまり信用できないぞ。

とりあえずメモるが、コソコソしてるから汚い。
このメモと記憶を頼りに、3Dソフトでレイアウト作成する予定なのだが……
だ、大丈夫かな。自分のメモも記憶もあまり信用できないぞ。

 

 

何はともあれ、お仕事の後はお湯をいただいて、スッキリさっぱり、ポカポカです。

まぁ、またあの寒い中、駅まで歩いて電車に乗って会社に戻るので、どうせ体は冷えちゃうのだろうけど。

 

曙湯さんは外観も素敵だし、中も綺麗でありつつ昔ながらの情緒もあって、ゆっくりくつろげるようになっているし、この界隈で人気なのも頷けます。

うーん。近くに引っ越して来たいな。

 

と後ろ髪を引かれつつも帰路につきました。

ついでに夜の浅草の街をブラブラしてから戻ったので、案の定せっかく温まった体がキンキンに冷えちゃいましたが、新たな発見もあったので結果オーライです。

 

……というか、これって本当にゲーム開発ブログなんだろうか?

このブログを読んでもゲームの作り方は学べないだろうなぁ。

と、自分でもそう思っちゃいますが、でもまぁ、実際の開発現場ってきっとどこもこんなものなんじゃないかと……

だってゲーム作りは生活ですもの。

 

さて、今日から2月だし、シナリオをバリバリやらないと、さすがにヤバい!!

 

夜の「花やしき」さんの前で、地面に映し出された可愛らしいライティングを発見! マジか!? こんなのがあるのか? さっそく夜の背景に描き加えないと!

夜の「花やしき」さんの前で、地面に映し出された可愛らしいライティングを発見!
マジか!? こんなのがあるのか? さっそく夜の背景に描き加えないと!