第56回「タチアナとう〇こ」

さて。結局、久しぶりになってしまった企画屋ブログです。

 

オレオワの発売日も目前に迫ってきて、お前まだ忙しい訳がないだろう?

と思われるかもしれませんが、先週までは開発中よりもドタバタしていました。

例えば、予約特典となる小冊子の入稿(ギリギリ間に合った!)とか、

○○の収録の立ち合いとか、○○に掲載するショートストーリーの執筆とか、

ゲーム開発以外のことがいろいろあって、てんやわんやしていました。

 

予約特典の小冊子「ジャッジメント7会社案内」の一コマ。 フルカラー、全16ページ。で全てのテキストはこのための書き下ろし! ゲームをプレイしてから読むと新たな発見があるかも?

予約特典の小冊子「ジャッジメント7会社案内」の一コマ。
フルカラー、全16ページ。で全てのテキストはこのための書き下ろし!
ゲームをプレイしてから読むと新たな発見があるかも?

 

 

それらも落ち着いてくると、もう11月は目前!

2017年の夏を舞台にしたADVゲーム「俺達の世界わ終っている。」が、

間もなく発売です!!

すっかり涼しくなってきたので、これからの季節にはピッタリですね!

Vitaの中で夏を堪能しちゃってください!

 

という訳で、今回のタイトルになっている「タチアナ」です。

なんか、本編中でやたらと「うんこ、うんこ」と言っている印象のタチアナなのですが、

さて? いつからそんな子になっちゃったのだろうと気になってきて、

初期のキャラ設定メモを紐解いてみたのですが……

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

(初期のキャラ設定メモより)

ロシア人少女。天才プログラマー。愛称、ターニャ。

尾張からはターニチカ(タチアナの子供向け愛称)と呼ばれる。

13歳(中学1年)とは思えないほど小柄。

旧式のハンドヘルドPCを改造した自作PCにストラップをつけて

肩からぶら下げており、どこでも瞬時にプログラミング作業を行える。

タイピングスピードはジャッジメント7でもトップクラス。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

ここを見る限り、子供っぽいけど、天才プログラマーという設定は、

ほとんどそのまま変わってないです。

確かに、タチアナは割と最初からキャラのイメージが固まっていましたね。

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

(初期のキャラ設定メモより)

ロシア生まれだが、北海道で暮らしているので日本語はそれなりに話すことができる。

むしろ、ロシア語の方が不自由なくらいで、自分の名前の発音でさえいささか怪しい。

普段は北海道にある「北連理化学研究所(※架空)」で父親の研究を手伝いながら、

地元の中学校に通っている。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

日本語はそれなり……って。

カタコトにでもするつもりだったんでしょうかね、僕。

時々、むずかしい言葉を間違えますが(簡単な言葉でも間違えますが……)、

日本語は堪能です。

あと、本編中では自分の名前を正しく言えたことは無いですね。

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

(初期のキャラ設定メモより)

「北連理化学研究所」の鉄壁と呼ばれるファイアウォールのシステムを9歳の時に

開発した超天才。だがその鉄壁のファイアウォールを、父親の知り合いだという

尾張に簡単に突破されてから、彼を目の敵にしている。

その時、尾張によって自分のPCをハッキングされ、デスクトップの壁紙を、

尾張のフンドシ一丁姿の壁紙に変えられており、しかもいまだにそれが

修復できずにいるため、復讐の機会をうかがっている。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

この辺りの小ネタは、本編中では語られてないのですが、タチアナのチャット用の

アイコンがセクシー金髪美女になっているのは、実は尾張の仕業です。

でも、一言もそんな話は出てないので、誰も気づかないと思いますが……

(どうか感じ取ってください……というのも無理な話ですね)

 

で、肝心な「うんこ」セリフですが……

キャラ設定中には無かったのですが、森田のプロット中で2か所だけ記述がありました。

 

「セカイー、無視するな、この変態うんこヤロー」

「アサノのパンチは痛いぞー。たぶん、うんこ漏れるぞ」

 

です(思ったより少なかった!)。

まぁ、ゲームのヒロインのセリフとしてはどうかと思いますが、

この2セリフがどんどん増殖していって、気が付いたらタチアナは、

やたらと「うんこ、うんこ」と言う、中学生のくせに小学生男子(低学年)みたいな

キャラへと成長していったのですね。

阿智くん的に気に入ったのかもしれないですが……

 

なんにせよ、花守ゆみりさんのありがたい「うんこ」というセリフが何度も聴けるオレオワ。

タチアナのボイスサンプルはこちらでどうぞ(うんこ、も聴けます)。

発売は間もなくです!

 

 

タチアナが北海道から会議に参加する際は、ボイスチャットで参加します。 その時の画像がこちらですが、尾張の趣味にカスタマイズされてしまっている……

タチアナが北海道から会議に参加する際は、ボイスチャットで参加します。
その時の画像がこちらですが、尾張の趣味にカスタマイズされてしまっている……