第41回「アフレコ始まる」

なんと、この地味に進展してないような新世界プロジェクトでしたが、

ついに、とうとう、アフレコが始まりました!

 

ということはすでにキャストさんが決まっていたりするのですが、今はまだ秘密!

そもそも、キャラクターもまだ紹介できてないですしねぇ。

詳細は近々、なんらかの形でお伝えできるハズ……!

 

でも、去年の今頃はまだプロットの第1稿を書いていたことを考えると、

まぁ、まずまずのペースで進行しているんじゃないでしょうか(たぶん)。

というか、正直、いろいろと進行が早い!

老体は付いていくのに必死です。

というか、体がついてこない……

が、がんばろう。

 

で、アフレコですが、今まで色々なプロジェクトで何度もやってきましたが、

いくら経験しても慣れないものですね。

とは言っても、僕が声を出すわけじゃないので、慣れるも慣れないもないのですが……

あの独特の緊張感(といっても現場がピリついてる訳じゃないですよ)。

 

なんせ、キャラ作りの最終工程となるのがアフレコですからね。

半年、1年(場合によってはそれ以上)かけて作ってきたキャラクターに、

命が吹き込まれる瞬間です。

いくら設定を作っても、凝ったセリフを書いても、最終的にキャラクターのイメージを

完成させるのは声優さんの声。そして演技。

 

そういう意味では、こちらにとっても一言一言が真剣勝負。

ただ、台本を読んで、演じてもらうだけがアフレコじゃないので、

ほんと、気が抜けません。

 

今回の件ではないですが、以前、ご一緒した超ベテランの音響監督さんが、

声優さんに対して、

 

「何十人ってスタッフが、必死になってこのゲームを作っていて、

このキャラクターを生み出して、育ててきて、

それを最後に、良くも悪くもできるのが声優なんだよ」

 

といってましたが、まさにその通り。

声優さんに「キャラを演じていただく」のではなく、一緒にキャラを実体化させる儀式。

それが僕にとってのアフレコというものです。

だからMPすごい削られます。

 

さらに、声に出すことで発見されるセリフ的な問題点を、その場で解決して修正したり、

ジャッジしたりといった作業もありますし……

 

ゲームの収録なので、1キャラずつ録っていくことになりますから、

前後のキャラのセリフのテンションを想像したり、

あるいはすでに録った声を思い出したりして、全体の構成も意識したり。

などなど。

 

ということで、この戦いはもうしばらく続くことになります。

生き延びよう、俺。

 

そして、これから一週間ほどの間に、新世界プロジェクトにも大きな動きが……!

詳細はたぶん、次回のブログで語られると……思います!!

 

僕のMPを回復させる魔法の泉(銭湯)が、まさかの長期休業! こ、これはプロジェクト始って以来の最大の危機!!

僕のMPを回復させる魔法の泉(銭湯)が、まさかの長期休業!
こ、これはプロジェクト始って以来の最大の危機!!